ユニフレーム ファイアグリルは焚き火初心者にはオススメ

焚き火に興味があるが、
どんな焚き火台を買っていいのか分からない?

そんな人が多いと思います。
有名な所では、スノーピークやユニフレームがあります。

これから新しく焚き火を初める方は
ユニフレームのファイアグリルをオススメします。

ファイアグリル

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
[colored_box color=”gray” corner=”r”]
基本スペック
【サイズ】
使用時・・・430×430×330(網高)mm
収納時・・・380×380×70mm

【材質】
炉・ロストル・・・ステンレス鋼
スタンド・焼網・・・鉄・クロームメッキ

【重量】
約2.7kg
[/colored_box]

オススメ理由とダメな所

[colored_box color=”red” corner=”r”]
メリット

[icon image=”check1-r”]ステンレス製なのに安価

[icon image=”check1-r”]焼き肉・焚き火・ダッチオーブン(ヘビーロストル仕様)に使える

[icon image=”check1-r”]ヘビーロストルや収納ケース等のオプションが豊富

[icon image=”check1-r”]ユニフレーム製なので、軽くて丈夫
[/colored_box]
上記の様なメリットがありますね。

他社製も色々ありますが、
いい意味で1番無難んな商品です。
(間違いない商品です)

 

デメリットは、特に無いです。

 

あれん的ファイアグリル

焚き火台と言えば、スノーピークが有名です。

ネットでの口コミ等では、スノーピークを進めている方が多いです。

 

私は、
初めて焚き火をする方にはスノーピークは進めません。

理由は、高価で重たいからです。
値段に関しては、ファイアグリルの3倍ほどします!!

スノーピークの方が、丈夫でオプションも多いですが
初心者の方はファイアグリルで十分です。

10年以上焚き火をやり続けるという人は、スノーピークの方がいいです。
(これから始めようという人で、そんな人は少ないと思いますが・・・)

ファイヤーグリルが壊れる程使い込んで
次は何にしようか迷っている人も、スノーピークがいいです。
[colored_box color=”gray” corner=”r”]
ファイアグリルで、オススメのオプションは

  • 収納袋
  • ダッチオーブン使用する方は、ヘビーロストル

[/colored_box]
この2つで十分ですねo(^-^)o

特に収納袋は便利なので、一緒に購入したほうがいいです。

 

焚き火台は、ダッジオーブン同様に
使えば使うほど味のでる物だと思っています。

まず初めに、安価なファイアグリルで焚き火を楽しんで下さい。

今回紹介した初心者にオススメなファイアグリルの購入は

収納袋とのセットもあります

ヘビーロストルの購入はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサーリンク

楽天おすすめ商品

スポーツ用品とアウトドア用品が一緒に買えるe-SPORTS

コテージ・バンガロー・ホテルの予約なら


ポイント5%還元


るるぶ・JTB・一休・ベストリザーブの予約可能


楽天ポイント貯まります

るるぶ

JTB

あれん

このページの先頭へ