コールマン BCクロスドーム270は3~4人家族にオススメのテントです!

コールマン BCクロスドーム/270になります。

タフワイドドームⅣではサイズオーバーな家族の方はこちらがおすすめになります。

それでは御覧ください。

基本スペック

▼基本情報

●素材:フライ/75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水)、インナー/68Dポリエステルタフタ、フロア/210Dポリエステルオックス(PU防水)、ポール/(メイン)FRP約直径11mm、(フロント)FRP約直径11mm、(キャノピー)スチール約直径16mm×2 長さ170cm

●使用サイズ:約270×270×175(h)cm
●収納サイス:約直径25×75cm
●重量:10kg
●定員:4~5人用
●耐水圧:約1500mm(フロア/1500mm)
●仕様:前室、キャノピー、メッシュドア×2、コード引き込み口、ストームガード、ランタンハンガー、メッシュギアポケット
●付属品:キャノピーポール、ペグ、ロープ、ハンマー、キャリーバッグ

 

▼タフワイドドームとの比較

タフワイドドームⅣ
BCクロスドーム270
サイズ 300×300 270×270
人数 4~6 3~5
耐水圧 2000mm 1500mm
フレーム メインポール14.5mm メインポール11mm
値段 30000円前後 25000円前後
スターターパック 有り 有り

サイズは当然違いますが、耐水圧 ・メインポールの太さが違います。

タフワイドドームⅣの方が雨に強くて丈夫という事です!!

しかし、

BCクロスドームの耐水圧1500mmでもよほどの雨が来ない限り問題ありません。

フレームに関しても11mmだから壊れやすいわけではないので安心して下さい^^

 

タフワイドドームⅣの方が過酷な状況に強いという事です!!

 

ファミリーキャンパーの皆さんは過酷な状況の時には、キャンプ場に行かないと思います^^;

家族の人数が少ない人はこちらのテントで十分です

 

おすすめポイント

  • コールマン用品なので部品を無くしたり・破損したりしても近くのショップから取り寄せ出来る
  • スクリーンタープと合体でる
  • 組建て方・収納の方法がyoutubeで見られる(タフワイドドームと組み立て方は一緒です)
  • スターターパックがある

 

▼組み立て方(タフワイドドームですが基本は一緒です)

 

▼片付け方(タフワイドドームですが基本は一緒です)

 

タフワイドドーム同様に
初心者の方は組み立て・片付けに不安があると思います。
youtubeで見れるのは嬉しいですね(^^)

それでも分からない場合はキャンプ場にコールマンのテントの方が沢山います。
聞けば教えてもらえますよ(キャンパーは基本良い人ばかりです)

テント以外に必要なものも分からない方にはタフワイドドーム同様に

スターターパックが存在します。
テント+グランドマット+インナーマットがセットなので後は寝具があれば快適に寝れます。

▼コールマン BCクロスドーム270の購入はこちらから

▼コールマン BCクロスドームスターターパックの購入はこちらから

4~6人で使用するのがオススメなタフワイドドームⅣの詳細はこちら
タフワイド4コールマン タフワイドドームⅣ/300が4~6人家族の初心者にオススメの理由!

おすすめのキャンプ道具の記事があります。もしよろしければご覧ください

⇒おすすめのキャンプ道具の記事一覧

スポンサーリンク

Twitterやってます

記事更新などをつぶやいてます。
良かったらフォローして下さい(^^)

ランキングに参加中応援お願いします

みなさんの、応援のおかげで明日も頑張って記事が書けます

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ 

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ  

応援クリックありがとうございますo(^-^)o

コメントを残す