コールマン XPヘキサタープ ・MDXがオススメ

コールマン、XPヘキサタープ・MDXになります。

初めてタープを購入する人にはオススメですね(^^)

オススメの理由等を記事にしました。

それでは御覧ください。

コールマンヘキサタープ

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

上の写真がコールマン・ヘキサタープMDXになります。

 

基本スペックは以下の通り

●耐水圧:約1,500mm
●使用サイズ:約460×435×230(h)
cm
●収納時サイズ:約φ18×74cm
●重量:約7.6kg
●材質 :
タープ/75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール)
ポール/(メイン)スチール 約φ19mm×2、 長さ 約260cm (サイド)
スチール 約φ19mm×2、長さ 約180cm
●付属品:サイドポール、ペグ、ロープ、ハンマー、キャリーバッグ

 

オススメポイント

 値段が安い(費用対高価が高い)。

 日陰を作れて、雨除けにも出来る。

 スクリーンに比べ風抜けが良く、がこもりにくい。

 スクリーンに比べ軽くて荷物にならない。

 クロスポール採用により簡単設営

 サイドポール標準装備で様々アレンジが可能

 クロスポールを広げるだけで、高さ調整が可能

以上がオススメポイントです。

 

ヘキサタープを購入したい人は、
サイドポール等を使って、タープをアレンジしたい人が多いと思います。

コールマンというメジャーブランドなので、アレンジ方法はネットで色々探せます(^-^)

このアレンジするというのが、スクリーンタープには無い部分ですね!!

ヘキサタープアレンジ画像

コールマンといえばお馴染みの動画が有ります

コールマンヘキサデメリット

デメリット

 安価な為、付いてくるペグがプラスチックで破損しやすい

 スクリーンの様に、虫を防ぐ事は出来ない。

 スクリーンに比べ寒さに弱い。

 

あれん的ヘキサタープ

タープには、ヘキサいがにも形が有りますが
初心者の方は、ヘキサにするのがオススメです。

設置も簡単で、アレンジの勉強するにはいいと思います。

格好良くタープを張っているサイトを見ると
やるな~って思いますよねo(^-^)o

慣れれば、スクリーンよりタープの方が早く建てれるので
そう言う所に時間を使いたくない場合にもおすすめです。

 

最近は、スクリーンの方が流行っていますが、スクリーンに比べ開放感があります。

 

●スクリーンにも興味がある方はこちらを御覧ください。
オススメのスクリーン一覧

私の家は、嫁が虫嫌いなのでスクリーンを使っていますが、
デイキャンプなどでは、タープを使いたいと思っています。

今回紹介したコールマンヘキサタープ ・MDXの購入先

おすすめのキャンプ道具の記事があります。もしよろしければご覧ください

⇒おすすめのキャンプ道具の記事一覧

スポンサーリンク

Twitterやってます

記事更新などをつぶやいてます。
良かったらフォローして下さい(^^)

ランキングに参加中応援お願いします

みなさんの、応援のおかげで明日も頑張って記事が書けます

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ 

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ  

応援クリックありがとうございますo(^-^)o

コメントを残す